単勝は菜七子を応援も軸は。馬券に妙味。フェブラリーステークス、勢いのコパノ・藤田菜七子やインティ・武豊vs実績馬・手加減なしのルメールら

 

 

 

 

ブログやROOMに載せたところメチャメチャ売れて一度完売に

↓↓↓

サンコー PBCARWAS 充電式タンクレス高圧洗浄機 強力ウォーターガン

バケツやお風呂の水が使えて、充電式で約30分

コードやホースを気にすることなく使えて送料込で12000円台も

 

 

フェブラリーステークス

 

2月17日、東京競馬場のダート1600mで行われる

フェブラリーステークスは

素晴らしいメンバーが揃いました。

競馬の2019年のGⅠレースの幕開けは、

競馬ファン以外にも注目のレースとなりそうです。

注目は初のG1レースに騎乗となる

藤田菜七子(ふじたななこ)騎手のコパノキッキングでしょう。

 

話題だけでなく、連勝中の人気上位馬にはそれぞれ不安な点もあるし、

かなり力があるおもしろいメンバーが集まっただけに、

馬券的な妙味もありそうなので、

良い意味で盛り上がりそうです。

 

 

 

 

枠順決定。前売りはインティが一番人気

1  クインズサターン (牡6、四位洋文・野中賢二)
2  ユラノト  (牡5、福永祐一・松田国英)
3  ゴールドドリーム (牡6、C.ルメール・平田修)
4  メイショウウタゲ (牡8、北村宏司・安達昭夫)
5  サクセスエナジー (牡5、松山弘平・北出成人)
6  インティ (牡5、武豊・野中賢二)
7  サンライズノヴァ (牡5、戸崎圭太・音無秀孝)
8  モーニン (牡7、和田竜二・石坂正)
9  ワンダーリーデル (牡6、柴田大知・沖芳夫)
10  サンライズソア (牡5、田辺裕信・河内洋)
11  コパノキッキング (セ4、藤田菜七子・村山明)
12  ノボバカラ (牡7、F.ミナリク・森秀行)
13  ノンコノユメ (セ7、内田博幸・加藤征弘)
14  オメガパフューム (牡4、M.デムーロ・安田翔伍)

 

 

夢を掴みに、コパノキッキング・藤田菜七子

 

 

一番の注目と言えば、

女性騎手・

藤田菜七子(ふじた ななこ)騎手の

GⅠ初騎乗になるでしょう。

 

GⅠ初騎乗にして最高の馬がまわってきました。

コパノキッキングです。

 

コパノキッキングは

9戦して7勝、2着1回 着外(4着)1回と

非常に好成績を残しています。

しかも4連勝中です。

ここ2戦はG3を2連勝

(1200mダート・カペラSと1400mダート根岸S)

 

根岸ステークスは

フェブラリーステークスの前哨戦に

位置づけられています。

そんなレースに勝った馬が、

重賞未勝利・GⅠ初騎乗の藤田菜七子騎手にまわってきました。

 

小林オーナーが希望し、実現しました。

小林オーナーは

根岸ステークスでコパノキッキングとコンビを組んだ

マーフィー騎手が、

1600mは長いと言っていること、

負けた2戦が、今回と同じ、芝スタートのダートコースであることなどから、

もし負けたとしても、

ななこちゃんのせいにはならないだろう

既に敗因として理由があるなら。

 

藤田菜七子騎手には気楽に乗ってもらいたい

と言っているところなどから、

懐が深いと思う。

 

レースはハイペースにもなりそうだし、

コパノキッキングは差してくる馬だし、

東京コースも合いそう。

距離の不安などはあると思うが、

藤田菜七子騎手もデビューから格段に腕をあげて、

追えるようになってきている。

 

スタートはゆっくり追走から、

直線での追い比べに集中すれば良いし、

どれだけうまくためれるか

藤田菜七子騎手の騎乗には注目したい。

 

距離など不安はあっても、

勝ち負けできる馬で初GⅠにチャレンジできるって夢のある話。

またとないチャンスがまわってきたから、

チャンスをつかんでもらいたい。

 

GⅠ騎乗できる基準の31勝をクリアーしてるのは

彼女の積み上げてきた実績そのもの。

 

GⅠ初騎乗・GⅠ初勝利・重賞初勝利となるだろうか、

 

そのチャンスはある。

 

連勝中の大物か?久々に人気に武豊。インティ・武豊

7戦6勝で6連勝で、

もうひとつの前哨戦、

東海ステークスを勝ちあがってきたのが

インティ・武豊のコンビだ。

 

 

先行すると思われます。

 

東海ステークスは前半ややスローで流れただけに

ややハイペースが予想されるだけに、

名手の腕で楽に先行できるかどうか。

初のマイルと、距離短縮が、忙しい競馬に対応できるかどうか。

 

 

手加減なし、ゴールドドリーム・ルメール

 

G14勝の実績、

17年のフェブラリーステークスの優勝馬で

昨年のフェブラリーステークスは2着。

実績ではひとつ上を行く。

 

鞍上もG1では抜かりない。

 

 

強い世代。オメガパフューム・デムーロ

 

前走の東京大賞典で初のG1優勝

抑えた相手はゴールドドリームとあって、

勢いがある。

距離に実績がないのが心配だが。

 

 

 

昨年の再現なるか、ノンコノユメ

 

 

昨年のフェブラリーステークスの勝ち馬

自慢の末脚を爆発させた再現なるか?

 

忘れちゃ困る、モーニン

 

16年フェブラリーステークスの優勝馬。

 

 

blue-tears.hateblo.jp

 

 

blue-tears.hateblo.jp

 

 

 

★スポンサーリンク★ 

 

 

 

 

 

 

 

購入品などをあげています。 

 

ROOMで注目しているものもあげていきます。

 

姉妹サイト

 

 

ねこぷろ

 

 

www.nekopuro.com

ねこ∧――∧プロジェクト

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

もよろしくお願いします。