Sponsored Link

 

 

かわいい社会人2年目の三宅紗蘭(みやけさら)選手、15分台で優勝。今季さらなる躍進が期待。中国実業団陸上競技選手権大会女子5000m。

 

 

Sponsored Link

 

2019年5月11日

 みよし運動公園陸上競技場で

第58回中国実業団陸上競技選手権大会が行われて、

岡山の天満屋女子陸上部からは

三宅紗蘭選手や松下菜摘選手や谷口亜未選手が

女子5000mに出場しました。

 

前半は1000mを3分12秒のペースで松下菜摘選手が引っ張るかたちでしたが、三宅紗蘭選手が途中から先頭に出て、

15分58秒83のタイムで優勝しました。

2位には松下菜摘選手が16分04秒06で入りました。

 

三宅紗蘭選手は最後の1000mのラップを3分7秒ほどでまとめ、

15分台の記録でした。

谷口亜未選手は17分26秒08で5位でした。

スポンサーリンク

 

 

 

地方の小さな大会ですが、

三宅紗蘭選手のタイムは優秀だと思います。

女子で15分台というのはひとつの目安となります。

三宅紗蘭選手は昨年から活躍がめざましいですが、

今季も好調を維持していそうなので、

楽しみになります。

 

f:id:feminism-hysteric:20190513200951j:plain

三宅紗蘭選手

もっと大きな大会で、競り合っていけば

もっとタイムが出るのは間違いないと思います。

今後の活躍に期待したいと思います。

松下選手も飛躍が期待されますし、

谷口選手もはやくから活躍が期待される

新人です。 頑張ってもらいたいです。

応援しています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com