ついにレアル・マドリード所属の日本人選手に。サッカー日本代表の久保建英(くぼたけふさ)選手。Bチーム(3部)か、出場機会が得れるスペインの中堅以下にレンタルとかはないのか、スペイン語が話せるから大きなチャンスに

 

 

Sponsored Link

 

サッカーの日本代表のMF久保建英(くぼたけふさ)選手(18)が

FC東京から

スペインの名門クラブ、レアル・マドリード(スペイン)に移籍するとの

ことがほぼ決まったみたいですね。

 

こういう話が出てきたということは

決まったということで間違いないでしょう。

バルセロナとも交渉していたみたいですが、

ライバルチームへの所属となりそうです。

 

条件が良いところに行くという意味では

正解だと思います。

そして久保選手は、

スペイン語が話せます。

レアル・マドリード移籍に問題ないと思います。

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

レアル・マドリードに所属しても、

当面はレンタルです。

おそらくレンタルでどこかのチームに出されます。

 

年齢から考えてもそれが良いと思います。

試合に出てなんぼの年齢なので、

2・3年はレンタル移籍で良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 レアル・マドリードの控えとして

チームに残るよりも、

スペインの中堅や下のチームでも、

主力として出場機会をもらえそうなチームに

レンタル移籍してしまうのが

成功の鍵だと思います。

 

レアル・マドリードなら

スペインの1部のチームでプレーさせるレンタル移籍が可能だと思います。

 

スペイン語を話せる久保くんにとってはメリットが大きいです。

スペインのチームにレンタルだと良いですが、

そしてレアル・マドリードの主力として

呼び戻してもらえるように

頑張って成績を残すのみです。

  

スポンサーリンク

 

 

 

レアル・マドリードのブランドがつくわけですし、

元バルセロナの下部というブランドもあります。

言葉に問題なく、若い。

しかも日本代表というブランドまですでにつきます。

 

久保選手が

安売りしなかったみたいなので、

きちんと出場機会が得れそうな場所へレンタルしてもらえるかが

鍵になります。

 

安売りしないというメリットもあります。

なぜなら良い選手と評価されるのは、

お金だったり、

条件だったりもします。

いくら良い選手でも、

他に高くって良い選手を抱えていれば、

先に使われるのは高く買った選手となるわけだからです。

 

 

どちらにしても楽しみだと思います。

期待したいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

 

 

Sponsored Link