4385 メルカリ(2019年11月)メルペイは利用者拡大顕著だが、上期軸にキャンペーン費用増大。しばらくは赤字見込み。売上は増収見込みも・・・。時価総額で割安感はなし。知名度と将来性を武器に株価は高値止まり。スマホ向けフリマアプリ国内首位。 販売手数料が収益柱。 スマホ決済『メルペイ』など金融強化中

Sponsored Link 

 

 

 

 

 4385 メルカリ

 

★ 企業の概要

 上場

2018.6

 

特色

スマホ向けフリマアプリ国内首位。

販売手数料が収益柱。

スマホ決済『メルペイ』など金融強化中

 

連結事業

マーケットプレイス関連

 

業種名

情報・通信業

 

解説記事

【赤字続く】

機能拡充テコにフリマ一段伸ばす。

メルペイは利用者拡大顕著だが、上期軸にキャンペーン費用増大。

米国メルカリも業容拡大最優先で幅縮小ながら赤字継続。

人員増ペース落ち着いてもなお水面下。

 

【客層拡大】

メルペイは後払い機能訴求するキャンペーンで他社と差別化、残高補充目的のフリマ出品も促進。

鹿島アントラーズの経営権取得、男性顧客層開拓につなぐ。

 

従業員 <19.6>

 

連1,826名

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

   

まとめ★時価総額・PER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)・ROE(自己資本利益率)・PSR(株価売上高倍率)について - ねこぷろ

 

 

 

★ 株価チャート(日足)(週足)(月足)  

 

f:id:feminism-hysteric:20191110125048p:plain

日足

f:id:feminism-hysteric:20191110125105p:plain

週足

 


 

 

銘柄についての寸評・ひとことなど  

 

自己資本比率など財務

自己資本比率

30%台。

 

まだまだ低水準

 

有利子負債と利益剰余金を比較すると

有利子負債は膨らみ

利益剰余金は大きくマイナス

かなり借金が多いかな。

 

総合的にみると

財務は注意が必要。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

キャッシュフロー


2019年6月期の実績

 

営業活動によるキャッシュフローマイナス

前期もマイナス

前期にたいしてマイナスの幅を増やしている

 

 

投資活動によるキャッシュフローマイナス

前期はマイナス

前期以上にしっかり投資していてるね

 

フリーキャッシュフローマイナス 

 

財務活動によるキャッシュフロープラス

 

キャッシュフローは良くないね。

まだ調達したお金でまわしている感じだね。

 

売上や経常利益は増収でマイナス幅は減らす見通し。

 

収益性は売上高営業利益率がマイナス23%前後

内訳をみていくと

原価率が25%ほどで、

販売管理費率が90%台後半になっている。

まだ数年は赤字になりそうだね。

時価3100億以上あって

PSRで7倍以上あるし、

まあ過度に期待しすぎないくらいがいいかもしれないね。

 

 

Sponsored Link