Sponsored Link

 

 

金融緩和・財政出動などでお金がじゃぶじゃぶになってインフレ・不況・株高に。お金の価値の変化が株価に。コロナ第2波やアフターコロナに備える。バブルを考える

 

 

Sponsored Link

 

コロナ第2波があるのは

ある程度織り込めていると

思います。

 

少なくとも

コロナが

このまま終わるなんて

誰も思っていません。

 

景気が悪くなるのも想定通りで

実際に悪くなるでしょう。

 

今株価があがってきたのは

バブルでしょうか?

 

いえ、バブルではありません

 

Sponsored Link

 

 

 

今株価があがったのは

世界中の国々が

一斉に金融緩和・財政出動を行い

お金がじゃぶじゃぶとなったために

現金の価値が目減りして

インフレがおこると考えたために

もともとじゃぶじゃぶあった

カネ余りの市場から

一旦換金して

離れたお金が、

現金の目減りを避けるために

インフレと考えて、

有価証券である株に

流れる動きが強まったためです。

 

なので

株価は大きく戻しましたが、

この時点で

 

お金の価値とモノの価値、有価証券などの価値が

ただ変化しただけと

言えます。

 

なので

バブルではないです。

 

 株価は今後も

乱高下すると思いますが

 

それでも

お金がじゃぶじゃぶが

コロナに対する経済対策や

生活支援が続く限り

 

インフレが起こり

お金の価値が下がるので

株価の価値が相対的にあがるので

株価があがるという方向に進むでしょう

 

Sponsored Link

 

 

 

バブルというのは

いくら

今いる投資家が

ドンドンと投資したところで

限度があります。

 

ただ、

株高が続き

猫も杓子も

株に投資したら儲かる

誰でも儲かるみたいな

雰囲気になって

 

今まで投資してなかった人とかがドンドンと

株などに投資するようになったら

そこからがバブルのはじまりじゃないかなと

思います。

 

バブルとは

モノの価値以上に

値段があがること

 

我先にと

投資すれば儲かる

買えば必ず騰がる

勝てるみたいな

雰囲気になってきたときが

 

バブルになってきていると

いえるのではないでしょうか。

 

そういう雰囲気になってきたらバブルなので

現状はまだバブルとは言えないわけです。

 

あくまでモノとお金の価値が変わっただけと

言えます。

 

 今後アフターコロナというのが

いつかは言われると思います。

 

アフターコロナのころには

今よりも

お金がじゃぶじゃぶになっていると思います。

 

つまりそのころの株価というのがいくらか、

もしかしたら景気悪いのにありえないという

株価になっている可能性があります。

 

そんな株価でアフターコロナで

ポジティブな流れがきたとき

バブルが起こる可能性がいくらかあるかもしれません。

 

バブルを知らなければ

バブルすら乗れない。

 

どこからがバブルなのか、

今はバブルなのか、そうじゃないのか、

そこがわからないと

チャンスを逃してしまう可能性も

 

バブルに乗れた投資家は大きく儲けることもできるし、

一般の何もしてなかった多くの人々が

バブルに浮かれた市場とかけ離れて

不況で、

もしかしたら

そのバブルがはじけたときに

 

何もいいことなかったのに

大不況に巻き込まれたという

つらい今後があるかもしれないという

危険性すら秘めていると

個人的には考えています。

Sponsored Link