4485 JTOWER   2021.3期(48.7P) 

Sponsored Link 

 

 

 

 

 

 

 

4485 JTOWER   2021.3期(48.7P)  

 

売上35.01億 (2021) Bランク H ✩(2021.7.30改)

 

携帯キャリア各社の屋内通信設備を共用化する事業が主力。

屋外共用電波タワーも育成中

 

 

2021年3月期

 

売上成長率 直近 36.8%

売上成長率 3年平均年換算 68.2%

 

2021年3月期本決算時の今期会社予想

f:id:feminism-hysteric:20210718094913p:plain


 成長性は30%台維持
原価率は変わらず、販売管理費率向上で
収益性若干増す
時価総額的に割安感はなし、
レシオは割高感、先行投資で利益減見込み

 

参考 その①  (2021.2.27改)

 

2020.3期(88.1P)  
 


売上25.58億 (2020) Bランク H ✩(2021.2.27改)

 


2020年3月期

 

売上成長率 直近 85.6%

売上成長率 3年平均年換算 55.9%

 

 (2021.2.27改)

 

 

 

 

四季報

 

 

 

4485 JTOWER(2020年7月)直近の成長性+収益性は 85.6+2.7 で88.3ポイント 将来性を加味した株価を形成し、株価は割高感も、人気を維持。独自の技術でキャリア各社の屋内通信設備を共用化する インフラシェアリングが急成長中 - ねこ∧――∧プロジェクト

Sponsored Link

 

 

 

 

 

参考 四季報2021・9月号 21年4集

見込み 今 31.3

見込み 来 23.9

 

 

 

 

 

 


業績見通し    

 

【雌 伏】

屋内4G設備共用化は順調増。

5Gも屋内設備、タワー貢献始まる。

ベトナム買取設備も寄与。

が、ミリ波共用無線機開発や来期のローカル5G事業開始に伴う人員増重く営業益一服。

繰延税資産計上一巡。

 


トピックス  

 

 【新展開】

ミリ波共用無線機は来春商用化へ。

従来の中継装置、アンテナに加え上位階層の基地局機能共用可能に。

タワーはNTT西日本保有71基購入、他利用契約も検討。

 

 

 

参考 四季報2021・6月号 21年3集

 

 

 

 

業績見通し

 

【先行投資】

好採算の屋内4G設備共用化の導入件数は増勢。

5Gも屋内向け、タワーの貢献大。

ベトナムの物件買い取りも寄与。

ただタワー事業での開発強化や積極採用に伴う人員増も重く費用先行。営業減益。

 

トピックス

 

【連携強化】

5月にKDDIと資本業務提携。

5G中心とした設備投資効率化を加速。

通信事業者保有のタワーの買い取りや利用契約締結を積極検討、体制拡充に注力。

 

以上四季報より抜粋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考プロジェクト

 

 プロジェクト①

高成長(高グロース)の会社をピックアップ。売上成長率と収益性など注目 - ねこぷろ

↑成長性・収益性などを元に整理していっています

 

プロジェクト②

収益性☆4つ以上の銘柄を集めていきます。新興企業を中心に収益性を意識して会社をより分けしてます - ねこぷろ

↑プロジェクト①を収益性中心にみています

 

 プロジェクト③

監視銘柄・注目銘柄・保留 及び 監視銘柄・目線バリュー(成熟路線の新興・時価低位など) - ねこぷろ

↑①②より外れたものの中からピックアップしています

 

 

本銘柄は

現在

21年度①で成長性☆5に記載しています

20年度は①で成長性☆5に記載していました

 

 

本決算発表時より

2021.3月期   の参考数値

以下 ↓↓↓ 参考値

 

原価率 48.13%

 

販売管理費率 39.90%

 

売上高営業利益率 11.95%

 

ROIC 3.01%