Sponsored Link

 

 

8028 ファミリーマート(2020年7月)伊藤忠商事<8001>、子会社ファミリーマート<8028>にTOBを実施 完全子会社化へ

 

 

Sponsored Link

 

 

ニュース

パン・パシフィック・インターナショナルHD(7532)が高い。9時29分現在、62円高(2.5%高)の2,484円。
8日にファミリーマート(8028)と合弁会社を設立し、合弁会社として、台湾ファミリーマート株式をファミリーマートから取得すると発表した。
パン・パシフィック・インターナショナルはアジアではシンガポール、香港、タイに店舗を展開しているが、台湾で店舗展開は行っていないため、台湾での事業展開が期待された。

 

ニュース

伊藤忠商事<8001>、子会社ファミリーマート<8028>にTOBを実施 完全子会社化へ 総額約5800億円
JA全農と農林中金、伊藤忠商事<8001>によるファミリーマート<8028>へのTOB完了を条件に同社に対し出資 4社で業務提携も

 8028 ファミリーマート

 

 

成長性+収益性のポイント


直近の成長性+収益性は

-16.6+9.0

でー7.6ポイント

 

 

 

資本業務提携の意味とメリットを考える。 - ねこぷろ

 

  

無配の成長株にこそ投資の目。amazonなども無配でも成長投資を繰り返す限り、高いキャピタルゲインを実現し株主還元。日本株も税制などみても、無配でも事業規模拡大の増収企業への投資を - ねこぷろ

 

 

 

★ 企業の概要

 四季報2020年2集(2020年6月発売号)より参照

 

 

上場

1987.12

 

特色

伊藤忠傘下のコンビニ大手。

中京圏の総合スーパー・ユニーを業務提携先のPPIHに売却

 

連結事業

国内単体チェーン店売上比・・食品58、非食品30、サービス12

 



【負担減】

店舗数は純増60(前期181)。

既存店は新型コロナによる都市部の客数減少が痛打。

加盟店支援費用も増加し会社計画は届かず。

ただ前期早期退職者の人件費減や不採算店削減進め最高純益。

連続増配。

 

【システム投資】

本部の財務システム更新に加え、注力するスマホアプリのサービス拡大へ投資強化。

スマホアプリの金融事業は開発に慎重を期し、21年初めごろに開始。


従業員 <20.2>

連13,955名 単6,266名(40.7歳)

 

[年]619万円

Sponsored Link

 

 

 

まとめ★時価総額・PER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)・ROE(自己資本利益率)・PSR(株価売上高倍率)について - ねこぷろ

 

 

 

★ 株価チャート(日足)(週足)(月足)  

 

f:id:feminism-hysteric:20200709132536p:plain

日足

f:id:feminism-hysteric:20200709132549p:plain

週足

f:id:feminism-hysteric:20200709132602p:plain

月足



 

 

 

今後の将来性・成長度合い・収益性とその構造など

 

売上や経常利益

増収増益見通し。

 

売上の伸びは 

前期(直近)の本決算で

-16.6%

過去3年間の数字をみると

実績で

売上高直近3年成長率 

年換算 

-5.5%成長

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

収益性

収益性

売上高営業利益率

前期(直近)の本決算で

9.0%

 

過去3年の

売上高営業利益率が

4.0%

 

 

内訳をみていくと

前期(直近)の本決算で

 

原価率

14.77%で、

 

なので粗利が

83%程度と

高いですね。

 

販売管理費率

76.13%

になっていますね。

 

 

原価率は良い感じで、

 

売上が伸びれば

利益の向上が期待できそうですね。

 

販売管理費率は高めなので

競争力という面では

大変そうですね

 

 

個人投資家の株式投資における、高グロース割り負け銘柄・中長期保有・現物投資の優位性について、 - ねこぷろ

 

時価総額と現状の株価位置

 

直近のキャッシュフローをみると

 

2018年

安定期

 

2019年

停滞期

 

2020年

安定期

 

現状の株価から

時価総額

約8877億程度だが、

それにたいしての価値っていう面で考えると

 

 会社の将来性などを加味した

事業価値や理論株価をみてみると

 

ここ最近の

過去3年間の売上成長率の平均値や

営業利益率などを加味して判断すると

 

事業価値が

28363億円

 

財産価値が

3196億円

 

有利子負債が

△9120億円

 

事業+財産+有利子負債の合計で

株主価値と判断して

株主価値を出してみると

約22439億

となり

 

やや割安って感じでしょうか

伊藤忠商事は2300円でTOBで

それが

200日平均の株価くらいにあたるので

良い時期のお安い買い物と言えるのではないでしょうか

 

 

 

Sponsored Link