Sponsored Link

 

 

2018年IPO銘柄その⑥イーソル・Delta−Fly Pharma・CRGホールディングス・ブリッジインターナショナル・ITbookホールディングス★特色・売上成長率・営業利益率。比較。(2020年5月現在)

 

 

Sponsored Link

 

 

 

エルセーヌ☆若々しさの秘訣はお肌の浄化『光フェイシャル浄化コース』

 

飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ

 

 

 

 

 フィギュア(注目)

 

 

 

 楽天市場(ファッション・オシャレ)

 

 

コード  

4420    

 

市場 

東証1部

 

名称

イーソル

 

上場年月日

2018/10/12

  

    

 

 特色  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 組み込み機器に特化したOSの開発販売が主力。

自動車やAV機器など顧客は多分野にわたる

 

 

業績見通し  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 【先行費用】

柱の組み込みソフトは自動運転開発が活発な自動車向けが牽引。

センシングは不採算案件縮小し改善。

ただ、エンジニア増強による開発関連の費用増が重荷。

営業益反落。営業外の助成金収入増。

 

f:id:feminism-hysteric:20200701211656p:plain

上場から2020年7月1日までの週足チャート

 

現在最新の決算(前期実績まで)の

売上成長率及び営業利益率

 

売上成長率 直近 10.2 %

 

売上成長率 過去3年の平均 13.4 %

 

 

営業利益率 直近  7.7 %

 

営業利益率 過去3年の平均 7.1 %

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

コード  

4598     

 

市場 

マザーズ

 

名称

Delta−Fly Pharma

 

上場年月日 

 

2018/10/12

    

 

 特色  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 創薬ベンチャー。

既存の抗がん物質を組み合わせて安全性と有効性を高めた抗がん剤を開発

 

業績見通し  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 【開発進む】

一時金、報奨金見込まず。

米国白血病薬、国内肺がん薬など治験順調で開発費膨らむ。

21年3月期も白血病薬の治験はじめ開発案件目白押しで研究開発費重い。

提携、導出など積極推進し赤字縮小も。

 

f:id:feminism-hysteric:20200701211720p:plain

上場から2020年7月1日までの週足チャート

 

現在最新の決算(前期実績まで)の

売上成長率及び営業利益率

 

売上成長率 直近 0 %

 

売上成長率 過去3年の平均 -61.1 %

 

 

営業利益率 直近  0 %

 

営業利益率 過去3年の平均  -54.1 %

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

コード  

7041      

 

市場 

マザーズ

 

名称

CRGホールディングス

 

上場年月日 

 

2018/10/10

    

 

 特色  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 コールセンター向け人材派遣大手。

イベント企画や業務一括請負も。

AIでの業務自動化に注力

 

業績見通し  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 【反 発】

コールセンター向け人材派遣が好調。

運送、倉庫向け派遣は新規開拓に加え自社雇用進めた大手物流向け回復。

ペット関連商品の製造請負は堅調。

前期のイベント事業で発生した損失消滅。

人材採用費減、広告宣伝効率化も効く。営業益反発。

 

f:id:feminism-hysteric:20200701211741p:plain

上場から2020年7月1日までの週足チャート

現在最新の決算(前期実績まで)の

売上成長率及び営業利益率

 

売上成長率 直近 7.5 %

 

売上成長率 過去3年の平均 10.1 %

 

 

営業利益率 直近  2 %

 

営業利益率 過去3年の平均  2 %

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

コード  

7039      

 

市場 

マザーズ

 

名称

ブリッジインターナショナル

 

上場年月日

  

  2018/10/03 

 

 特色  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 電話やメールで行う非訪問型営業(インサイドセールス)で

企業営業を支援するサービスを展開

 

業績見通し  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 【順 調】

主力の課金型法人営業支援が着実増。

コンサルも内製化支援パッケージ投入で自社運営目指す企業を積極開拓し大幅増。

開発費、ソフト償却費や上期の積極採用による人件費増吸収し増益。初配期待。

 

f:id:feminism-hysteric:20200701211803p:plain

上場から2020年7月1日までの週足チャート

 

現在最新の決算(前期実績まで)の

売上成長率及び営業利益率

 

売上成長率 直近 11.9 %

 

売上成長率 過去3年の平均 9 %

 

 

営業利益率 直近  11.8 %

 

営業利益率 過去3年の平均  11.4 %

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

コード  

1447      

 

市場 

マザーズ

 

名称

ITbookホールディングス

 

上場年月日 

2018/10/01 

    

 

 特色  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 ITコンサルのITbookと

地盤調査・改良工事のサムシングHDが

18年10月に経営統合

 

業績見通し  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 【堅 調】

サムシングHDが通期連結化。

ITコンサルは自治体向けが伸長、新規事業の投資負担をこなす。

21年3月期はマイナンバー活用コンサルの需要拡大、外国人材派遣が貢献開始。

地盤調査改良の新商品も効く。人件費重いが、営業増益続く。

 

f:id:feminism-hysteric:20200701211827p:plain

上場から2020年7月1日までの週足チャート

 

 

 

 

Sponsored Link