Sponsored Link

 

 

2018年IPO銘柄その⑦スペースバリューホールディングス・くふうカンパニー・ベルテクスコーポレーション・ダイヤモンドエレクトリックホールディングス・サン・ライフホールディング★特色・売上成長率・営業利益率。比較。(2020年5月現在)

 

 

Sponsored Link

 

 

 

エルセーヌ☆若々しさの秘訣はお肌の浄化『光フェイシャル浄化コース』

 

飲食店経営の強い味方! 月額1,000円(税抜)で始めるホームページ

 

 

 

 

 フィギュア(注目)

 

 

 

 楽天市場(ファッション・オシャレ)

 

 

コード  

1448     

 

市場 

東証1部

 

名称

スペースバリューホールディングス

 

上場年月日

 

2018/10/01 

    

 

 特色  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 プレハブ建築、立体駐車場の総合会社。

建設、開発と多角化。日成ビルド工業が持株会社化

 

業績見通し  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 【一時費用減】

システム建築は軟調。

総合建設、立体駐車場で補うが、品種構成悪化。

不正再発防止関連経費重い。

21年3月期はシステム建築の回復鈍い。

総合建設も反落公算。

ただ一時費用剥落し営業益上向く。

 

f:id:feminism-hysteric:20200718140339p:plain

上場から2020年7月17日までの週足チャート

 

現在最新の決算(前期実績まで)の

売上成長率及び営業利益率

 

売上成長率 直近 -0.2 %

 

 

 

営業利益率 直近 2.9  %

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

コード  

4399   

 

市場 

マザーズ

 

名称

くふうカンパニー

 

上場年月日 

2018/10/01 

    

 

 特色  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 オウチーノとみんなのウェディングが18年10月経営統合。

不動産、結婚に加え金融関連も展開

 

業績見通し  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 【拡 大】

結婚関連はキャンペーン商品販売効きみんなのウェディング順調、

つれて結婚式プロデュースも増勢。

不動産は人員整理一巡のオウチーノが黒字化。

各社間接部門の共通化も進み営業益好伸。税平常化。

 

 

f:id:feminism-hysteric:20200718140312p:plain

上場から2020年7月17日までの週足チャート

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

コード  

5290      

 

市場 

東証2部

 

名称

ベルテクスコーポレーション

 

上場年月日 

 

2018/10/01

    

 

 特色  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

ハネックス、日本ゼニスパイプ、羽田コンクリート

工業3社統合のゼニス羽田にホクコン合流

 

業績見通し  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

【小幅増益】

経営統合したホクコン分が通期で上乗せ。

生産・運搬コスト増が想定下回り営業増益幅拡大。

のれん特益消える。

21年3月期はコンクリート事業でボックスカルバートなどの浸水対策製品が伸びる。

防災の土砂災害対策も貢献。小幅営業増益。

 

f:id:feminism-hysteric:20200718140412p:plain

上場から2020年7月17日までの週足チャート

 

現在最新の決算(前期実績まで)の

売上成長率及び営業利益率

 

売上成長率 直近 31.3 %

  

 

営業利益率 直近 9.7 %

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

コード  

6699  

 

市場 

東証1部

 

名称

ダイヤモンドエレクトリックホールディングス

 

上場年月日

2018/10/01  

    

 

 特色  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 自動車用点火コイルの草分け。

18年10月に単独株式移転で持株会社化。

田淵電機を傘下に

 

業績見通し  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 【回復基調】

電子機器はパワコン等好調。

ただ、自動車機器は需要低調、販価下落で採算大幅悪化。

営業益縮小。

21年3月期は米国の自動車機器底打つが、市況の回復鈍い。

ただ、電子機器は蓄電システムが伸びる。

営業益は回復基調。製品補償特損ない。

 

f:id:feminism-hysteric:20200718140503p:plain

上場から2020年7月17日までの週足チャート



 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

コード  

7040    

 

市場 

東証JQS

 

名称

サン・ライフホールディング

 

上場年月日 

 

2018/10/01

    

 

 特色  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 神奈川、都下地盤の冠婚葬祭大手の持株会社。

葬儀を柱に婚礼・ホテルや介護も手がける

 

業績見通し  (四季報・最新発売号2020年1集より)

 

 【復 調】

柱の葬儀が想定下回る。

既存斎場の改装費もかさみ一転営業減益に。

税金費用重い。増配。21年3月期は藤沢など新斎場3以上。

前期開業の厚木斎場がフル寄与。

ホテル部門赤字も縮小し、営業益復調。

f:id:feminism-hysteric:20200718140534p:plain

上場から2020年7月17日までの週足チャート

 

 

Sponsored Link